Japanese | Chinese | Korean

India Set to Take Lead on Abolishing Nukes - JAPANESE

インド、核廃絶で世界をリードへ

【ニューデリーIDN=シャストリ・ラマチャンダラン】

インド政府が、普遍的な軍縮の追求を先導する方向を模索し始めたようだ。核軍縮の基本的な考え方と目標を前進させることのできる雰囲気と環境をあらためて作り出そうとの熱意は、核兵器なき世界秩序を目指した故ラジブ・ガンジー首相の行動計画(RGAP)を実行すべく進められている数多くの取り組みを見れば、明らかである。

Read more...
 

India Set to Take Lead on Abolishing Nukes - CHINESE SIM

印度将引导世界废除核武器

新德里(印度)IDNShastri Ranachandaran

印度政府正在认真考虑带头呼吁各国全面裁减军员。这种积极动作声称以恢复全球气候条件和核裁军作为其基本思路和目标。该迹象表明前总理大臣拉吉夫·甘地成立的半岛无核化行动计划(RGAP)将进而采取一系列行动,从而推进建立无核武器的世界秩序。

Read more...
 

Stepping Towards Nuclear-Free Middle East - JAPANESE

2012年国連中東会議に向けた準備会合がアンマンで開催

【エルサレムIPS=ジリアン・ケストラーダムール】

国連が目標としている中東非大量破壊兵器地帯の創設に向けた基礎固めを行うため、65の国や機関の代表が、ヨルダンの首都アンマンに集まった。

「(アンマン)会議では、11の専門分科会において協議が進められました。中でも特に重要なのが、『中東非大量破壊兵器地帯の設置における国連機関の役割』、『(同地帯設置に伴う)安全保障上の意味合い』、『核燃料サイクル構築の見通し』、『中東における核セキュリティー』です。」と主催団体の一つアラブ安全保障研究所(ACSIS:本部アンマン)のアイマン・カリル所長は語った。この会議は、オランダ政府とノルウェー政府が後援し、ACSISとパートナーシップ・フォー・グローバルセキュリティー(本部:ワシントンDC)が共催して開催された。

Read more...
 

Most Israelis Favour a Nuclear-Free Middle East, Poll Shows - JAPANESE

大多数のイスラエル人は核兵器のない中東を支持

【ワシントンIPS=ミッチェル・プリトニク】

イスラエルのユダヤ人の大多数は、たとえそのために自国の核兵器を放棄するということになっても、核兵器のない中東を支持するだろう。

これは、イスラエルのユダヤ系とパレスチナ系市民を対象に別々に実施した世論調査から明らかになった、最も驚くべき結果である。12月1日にブルッキングス研究所から発表されたこの世論調査は、メリーランド大学のシブリー・テルハミ教授が11月に実施したもので、質問内容は、「アラブの春」から、米国に対する認識やイスラエル‐パレスチナ紛争の今後への希望など多岐にわたっている。

Read more...
 

IRAN: Nuclear Watchdog Details Pre-2003 Weapons Research - JAPANESE

国連の査察機関、2003年以前のイラン核兵器研究について詳述する

【ワシントンIPS=バーバラ・スラヴィン】

イランの核開発疑惑に関する最新の国際原子力機関(IAEA)報告書は、2003以前にイランが核兵器製造に関する幅広い研究を行っていたとする有力な証拠を提供している。しかしその後どの程度作業が継続されたかについては明確に示していない

IAEAは11月8日、10以上の加盟国やイランの核開発事業に関与したことがある外国人科学者から提供された情報を含む「幅広い独立情報源」を引用しながら、「イランは、1990年代末から2003年まで、『核起爆装置の開発に関する』様々な活動を行っていた。」と述べた。

Read more...
 

Turning Nuke Free 'Utopia' into Reality - JAPANESE

核なき世界という「理想郷」を現実に

IDNベルリン=ラメシュ・ジャウラ】

それは、理想のように聞こえる。しかし、それは、まさにエルンスト・ブロッホの哲学の精神の中にあるものであり、日蓮仏法の教えにある「具体的な理想」である。前者の考えは、すべての形の抑圧と搾取の排除を描いている一方で、後者は、平和の文化が暴力の文化を凌駕することを可能にし、核兵器やその他の大量破壊兵器のない世界を含む、持続可能な人間の安全保障実現への道を開くための、人間精神の変革を描いている。

Read more...
 

Unfreezing Disarmament - JAPANESE

凍てついた軍縮交渉再開のために

IPSコラム=ジョン・バローズ

2008年以来、「核兵器なき世界」を実現することがいかに望ましいか、それがいかに必要かということが、とりわけ国連の潘基文事務総長や米国のバラク・オバマ大統領など、多くの人々によって声高に語られてきた。しかし、ジュネーブ軍縮会議(CD)は、こうした明確なレトリックの変化からは超然としており、依然として行き詰まりの中にある。全会一致ルールによって運営されるこの会議は、すべての核爆発実験を禁止する合意のテキストを1996年に生み出してからは、何の交渉も行ってこなかった。

Read more...
 

Free the World from the Nuclear Chain - KOREAN

|시점|세계를 핵의 연쇄로 풀어 떼어 놓는다 (잔테·홀 : Xanthe Hall)

「원자력 에너지와 핵폭탄은 원자의 쇠사슬로 밀접하게 연결되고 있습니다. 핵의 시대는 여기 독일에서 시작되었습니다. 따라서 우리들에게는 보류로 하는 보다도 있는 빨리 핵의 시대에 종지부를 찍는 특별한 책임이 있습니다.

Read more...
 

Middle East Nuke Free Bid Moves to Finland - JAPANESE

中東非核地帯を巡る交渉の舞台はフィンランドへ

【カイロIDN=バヘール・カーマル】

中東から核兵器を手始めに大量破壊兵器を根絶しようとする試みは、未だ解決の見通しがたたないまま、既に40年の歴史を刻んでいる。こうした中、フィンランド政府が突如、「中東非大量破壊兵器地帯創設に関する国際会議(=中東会議)」をホストする決断をしたことから、国際社会の注目は、来年フィンランドを舞台としたこの試みの行方に注がれることとなった。

Read more...
 

Modernisation of Nukes Acquiring Priority - JAPANESE

軍縮の美辞麗句の裏で優先される核兵器近代化の動き

【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

スタンレー・キューブリック監督の映画『博士の異常な愛情または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』で描かれている異常な状況を連想させるかのように、核保有国の中で核兵器のない未来について積極的に熟考している国はない。それどころか、この恐るべき兵器を使用する可能性が大きくなっている、と新たに発表された報告書は述べている。

Read more...
 

Finland to Host Conference for WMD-Free Middle East - JAPANESE

フィンランド、中東非大量破壊兵器地帯会議の主催国に

【国連IPS=エリザベス・ウィットマン】

フィンランドが、2012年に開かれる中東非大量破壊兵器地帯化に関する会議の主催国にようやく選ばれた。この会議の目的は、すべての中東諸国を参加させることにある。たとえばイランとイスラエルのように、長年にわたって意見が対立してきた国々があるからである。

国連の潘基文事務総長は、10月14日、フィンランドのヤッコ・ラーヤバ外務事務次官が会議のファシリテーター(取りまとめ役)となることを発表した。

Read more...
 


Page 10 of 18

Search