Japanese | Chinese | Korean

Amidst Turmoil, Nuke-Free Mideast Conference Derailed - JAPANESE

混乱の中、中東非核地帯化会議が延期へ

【国連IPS=タリフ・ディーン】

フィンランドで12月に開催が予定されていた、中東非核兵器地帯化に関する長く待ち望まれている国際会議の延期が決まり、はたしてスタートが切れるのかどうか危ぶむ声が出ている。

Read more...
 

NATO Pushing Europe into New Nuclear Arms Race - JAPANESE

欧州を新たな核軍拡に引き込むNATO

【ベルリンIDN=ジュリオ・ゴドイ】

2009年末から2010年半ばにかけて、ギド・ヴェスターヴェレ外相が代表するドイツ政府は、核爆弾「B61」をドイツ領から撤去するよう主張していた。この大量破壊兵器が実際にどれだけ配備されているかは軍の極秘事項であるが、約20発がドイツ領内に配備されていると考えられている。

Read more...
 

Hiroshima and Nagasaki Want Nukes Abolished - KOREAN

폐절을 원하는 히로시마나가사키

【베를린/동경IDNRamesh Jaura

「핵병기 없는 세계」를 목표로 끈질긴 싸움을 계속하고 있는 일본 내외의 백만사람들에게는 매우 유감스러운 일이지만 일본정부는 미국의 「핵 우산」 아래 안전보장 규정에 영향을 미칠 있는 걱정 때문에핵병기를 위법화하려는 노력의 호소에 합류하는 것을 거부하였다. 하지만 나가사키·히로시마 도시의 시장, 히로시마 지사는 핵병기폐절에 열정을 가지고 대처하는 데는 흔들림이 없다.

Read more...
 

Hiroshima and Nagasaki Want Nukes Abolished - CHINESE

广岛和长崎希望废除核武器

【柏林|东京Ramesh Jaura

日本内外数以百万人为了争取一个无核武器的世界一直以来坚持不懈地努力着,但遗憾的是,由于顾虑到日本一直以来处在美国的核保护伞下,加入呼吁取缔核武器的倡议有可能会影响到国家的安全部署,因而东京政府拒绝加入该倡议。 然而,长崎市和广岛市的两市市长,以及广岛省省长,依旧慷慨激昂并对他们废除核武器的承诺坚定不移。

Read more...
 

Hiroshima and Nagasaki Want Nukes Abolished - JAPANESE

核廃絶を求める広島・長崎

【ベルリン/東京IDN=ラメシュ・ジャウラ】

「核兵器なき世界」をめざして粘り強い闘いを続けている日本内外の数百万の人々にとっては非常に残念なことに、日本政府は、米国の「核の傘」の下における安全保障取り決めに影響を与えるという懸念から、核兵器を違法化する努力の呼びかけに加わることを拒否した。しかし、長崎・広島両市の市長、広島県知事は、核兵器廃絶に情熱をもって取り組むという点で揺るぎがない。

Read more...
 

Australia-NZ Pact Falls Short of Abolishing Nukes - JAPANESE

核廃絶にはオーストラリアとニュージーランドの協定では不十分

IDNシドニー=ニーナ・バンダリ】

オーストラリアとニュージーランドは、国際的な包括的核実験禁止条約(CTBT)の枠組みの下で核爆発の検知強化と核実験の永久的かつ効果的な禁止の推進協力を行うための科学技術協力協定を締結した。

Read more...
 

Israel’s Hypocrisy on a Nuclear Middle East - CHINESE

以色列在中东地区核问题上的荒诞

联合国IPSThalif Deen

上周世界各国领导人都打点好自己的行李并准备启程回国,但这次在联合国大会上进行的高级别辩论却给他们留下了深刻的记忆,这便是以色列总理本雅明·内塔尼亚胡为伊朗核计划设定了一条卡通式的核红线,内塔尼亚胡这一戏剧性的演示方式也立即使其登上了美国主流报纸的头条。

Read more...
 

Thorny Road Ahead For Middle East Conference - JAPANESE

中東非核化会議へのいばらの道

【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

中東非核・非大量破壊兵器地帯の創設に関する会議の開催地がフィンランドに決まったとの発表が国連によって2011年10月14日になされて以来、沈黙と秘密のベールが会議の運命に覆いかぶさっているかのようだ。ベールの陰から少しずつ姿を現したものはイスラエルの「沈黙の壁」だが、同国の反核活動家シャロン・ドレフ氏が執拗に突き崩そうとしているのが、まさにこの壁であり、一定の成果を収めている。

Read more...
 

Israel’s Hypocrisy on a Nuclear Middle East - JAPANESE

中東核武装化についてのイスラエルの偽善

【国連IPS=タリフ・ディーン】

先週、世界の指導者らが荷物をまとめて帰途につくなか、国連総会の一般討論において印象に残ることが起こった。9月27日に登壇したイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が「核の赤いライン」を示す漫画のようなフリップ(右上の写真)を用いた派手な演説を行ったのだ。全米のほとんどの主流紙がこれを1面で報じた。

Read more...
 

Snail's Pace Towards Ban on Nuke Testing - JAPANESE

核実験禁止へ蝸牛の歩み

【ウィーンIDN=ジャムシェッド・バルアー】

インドのジャワハルラル・ネルー首相(当時)が1954年4月2日に核実験の「休止協定」を呼び掛けて以来、世界196か国のうち183か国が、地表、大気圏、水中、地中と、地球上のいかなる場所で誰が核爆発実験を行うことも禁じた包括的核実験禁止条約(CTBT)に署名している。

核兵器国3か国(フランス、ロシア、英国)を含めた157か国が条約を批准している。しかし、CTBTが発効するには、核技術を保有した特定の44か国が条約に署名し、批准する必要がある。そのうち、中国、エジプト、インド、イラン、イスラエル、北朝鮮、パキスタン、米国の8か国がまだ手続きを済ませていない。インド、北朝鮮、パキスタンは署名すらしていない。

Read more...
 

Pressure Mounts on Nuclear States to Ratify Test Ban - JAPANESE

包括的核実験禁止条約批准へ核兵器国への圧力高まる

【国連IPS=ハイダー・リツヴィ】

米国とその他少数の核兵器国が、核実験を法的に禁止する国際社会の決意をすみやかに受け入れるよう、強い圧力を受けている。

スウェーデンのカール・ビルト外相は、包括的核実験禁止条約(CTBT)促進のために国連で開かれている高級閣僚会議において9月27日、「核兵器の廃絶は、核兵器を使用させないための究極の保証であり、最善の核不拡散メカニズムである」と演説した。

Read more...
 


Page 6 of 18

Search