Japanese | Chinese | Korean

All Unclear Over Nuclear - JAPANESE

│インド│すべてが不明瞭な原子力計画

【ニューデリーIPS=ランジット・デブラジ】

約5年前にインドが世界の原子力産業に迎え入れられたとき、経済成長のエンジンとなる石炭などの化石燃料への依存からこの国はすぐに脱却することになるだろうと多くの人々が考えた。

Read more...
 

Iran’s Nuclear Plans Drop Off Israeli Radar - JAPANESE

|イスラエル|議論の俎上から外れたイランの核計画

【エルサレムIPS=ピエール・クロシェンドラー】

イランと「P5+1」(国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国)の協議が、1月末にトルコのイスタンブールで開催されることが予定されているが、これがイランのウラン濃縮計画に関する妥協を巡るリトマス試験紙の役割を果たす機会となるかもしれない。ところが奇妙なことに、現在イスラエルでは、イランの核開発問題は、議論の俎上にのぼらなくなっている。

Read more...
 

Fresh Impetus Expected For Banning Nuke Tests - KOREAN

핵실험금지에 기대되는 새로운 계기

비엔나IDNJamshed Baruah

포괄적 핵실험 금지 조약 기관(CTBTO 알려져진다) 준비위원회는 2013년에 신형 대량 살상 무기 도래의 선구가 실험을 금지하는 조약의 발효로 향해서 새로운 계기가 생기는 것을 기대하고 있다.

Read more...
 

Fresh Impetus Expected For Banning Nuke Tests - CHINESE

期待为禁止核武器试验注入新动力

维也纳IDNJamshed Baruah

全面核试验禁止条约机关被熟知为CTBTO筹备委员会期待在2013年可以有新的动力令全球性禁止核武器试验条约生效以停止这种新型武器可能造成的大规模破坏。

Read more...
 

Abandoning Nukes – Lessons from South Africa - JAPANESE

核兵器の廃棄南アフリカ共和国からの教訓

【ヨハネスブルクIPS=ジョン・フレイザー】

南アフリカ共和国(南ア)のアパルトヘイト体制については、あまりいい話はでてこない。国民の多くに厳しい抑圧を加えた、人種差別的で暴力的な体制であり、世界中で蔑まれていた。

Read more...
 

Fresh Impetus Expected For Banning Nuke Tests - JAPANESE

【ウィーンIDN=ジャムシェド・バルアー】

包括的核実験禁止条約機関(CTBTOとしてよく知られる)準備委員会は2013年、新型大量破壊兵器到来の先駆けとなる核実験を禁止するこの条約の発効に向けて、あらたな契機が生まれることを期待している。

Read more...
 

Rate of U.S., Russian Nuclear Disarmament 'Slowing' - JAPANESE

米ロ核軍縮のペースが「鈍化」

【ワシントンIPS=キャリー・L・バイロン】

米国科学者連盟(FAS)は、12月17日、米国とロシアは冷戦真っ只中の時期からは核兵器の数をかなり減らしてはいるものの、削減ペースは鈍化している、と警告した。

Read more...
 

The Frightening Scenario of the Nuclear War - JAPANESE

核戦争の恐怖のシナリオ

IPSコラム=アイラ・ヘルファンド】

2008年にバラク・オバマ氏が米国の大統領に選出されて間もなく、世界の医療関係者数百名が、オバマ氏と同年先だってロシアの大統領に就任していたドミトリー・メドベージェフ氏に対して、核兵器廃絶を最優先課題とするよう求める公開書簡を送った。

その書簡には「貴殿らはこの困難な時局にあって多くのさし迫った危機に直面していますが、核戦争防止の必要性に比べれば、すべてがかすんでしまいます。今から千年もたてば、貴殿らがこれからの数年間でなすほとんどのことは忘れ去られているでしょう。しかし、核戦争の脅威をなくした指導者のことは忘れないに違いありません。どうか我々の期待を裏切らないでください。」と記されていた。

Read more...
 

Opportunity Missed for Nuclear-Free Middle East - JAPANESE

非核中東に向けた機会は失われた

【エルサレムIPS=ジリアン・ケストラー=ダムーアズ】

中東非核兵器地帯を創設するための国際会議が延期となり、専門家らは、中東に安定をもたらす重要な機会が失われたと警告している。

「2012年ヘルシンキ会議は、画期的な先例となるはずのものでした。なぜならこの会議は、中東に非大量破壊兵器地帯を創設するための要件について協議する特別な会議として、国際社会が初めて招集することに合意したものだったからです。」と、ヨルダンのアンマンを拠点とするアラブ安全保障研究所のアイマン・カリル所長はIPSの取材に対して語った。

Read more...
 

Changing the Game to Achieve Nuclear Disarmament - JAPANESE

核軍縮達成に向けたゲーム・チェンジ

IPSコラム=レベッカ・ジョンソン】

25年前の12月8日、ミハイル・ゴルバチョフソ連共産党書記長(当時)とロナルド・レーガン米大統領(当時)は中距離核戦力(INF)全廃条約に署名した。この歴史的な合意によって、1980年代初頭に欧州に持ち込まれたSS-20、巡航ミサイル、パーシングといった、近代的な型の地上発射「戦域」ミサイルが削減された。

Read more...
 

Stable Nuke Zero is Feasible - JAPANESE

安定的な「核兵器ゼロ」は可能

【ベルリン/ウィーンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

1939年に第二次世界大戦が勃発する前、ドイツ生まれのノーベル賞受賞者アルベルト・アインシュタイン博士が、米国のフランクリン・D・ルーズベルト大統領に対して、アドルフ・ヒトラー総統率いるドイツが核兵器の開発に着手した可能性があるとして、米国も核兵器の研究を開始すべきだと助言した。その結果がマンハッタン・プロジェクトであり、最終的に広島と長崎に原爆が投下されることになった。

Read more...
 


Page 5 of 18

Search