Japanese | Chinese | Korean

Anti-Nuke Movement Goes to the Gulf - JAPANESE

反核運動、中東へ

【マナマIPS=バヘール・カーマル】

オスロで開催された政府間会合「核兵器の人道的影響に関する会議」に合わせて同地で約一週間に亘って活動を展開してきた反核活動家らが、3月10日、バーレーンの首都マナマに移動して、核兵器廃絶に向けたさらなる行動をとった。

Read more...
 

'Humanitarian Diplomacy' Fights Nukes - JAPANESE

核兵器と闘う「人道外交」

【オスロIPS=ジャムシェッド・バルアー】

史上初めて、核兵器禁止の必要性を訴えるために、「人道外交」が展開された。しかし一方で、世界を何回も破壊できる能力をもつ1万9000発にのぼる核兵器の大部分を保有するP5( 国連安保理の5常任理事国)は、事前に示し合わせたうえでこの動きに加わらなかった。

Read more...
 

Most Inhumane of Weapons - JAPANESE

非人道性の最たる兵器(池田大作創価学会インタナショナル会長)

IPSコラム=池田大作】

「核兵器は非人道的である」との考えに、世界のほとんどの人々が賛成するのではないでしょうか。今、核兵器を非人道性に基づいて禁止しようとする動きが芽生えつつあります。

Read more...
 

High-Alert Nukes As If the Cold War Didn't End - JAPANESE

まるで冷戦が終わっていないかのような核の警戒態勢

【ベルリンIDN=ジャムシェッド・バルアー】

国連軍縮研究所(UNIDIR)の最新の報告書が、20年前に終わったはずの冷戦が変わらず続いているかのように、米露両国が核戦力の多くを、数分以内に発射できる高度な警戒態勢下に置きつづけているという憂慮すべき結論を引き出している。

Read more...
 

ICAN Resolved to Ban Nukes - JAPANESE

核廃絶国際キャンペーン、核兵器禁止への決意あらたに

【オスロIDN=ラメシュ・ジャウラ】

ノルウェーは、28か国から成る北大西洋条約機構(NATO)の加盟国として米国の核の傘の下で保護されている。しかし、そのノルウェーからの大きな支援を得て、核兵器の違法化を目指す世界的な運動が生まれつつある。オスロで2日間の日程で開かれている「ICAN市民社会フォーラム」でのことだ。

Read more...
 

Saudi Arabia Seen Unlikely to Seek Nukes If Iran Gets One - JAPANESE

|米国|民間シンクタンク「イラン核武装化でもサウジアラビアは追随しない」

【ワシントンIPS=ジム・ローブ】

著名なシンクタンクが19日にワシントンで発表した報告書で、米国政界の一般通念に反して、イランの近隣諸国、とくにサウジアラビアは、イランが核兵器を取得してもそれに追随することはないだろうとの見通しを示した。

Read more...
 

World’s Nuclear Environment Remains Politically Toxic - JAPANESE

政治的に悪化する核をめぐる国際環境

【国連IPS=タリフ・ディーン】

核をめぐる国際政治環境はますます悪化しつつあり、脅しと非難、国連安保理決議への明白な反抗であふれている。

Read more...
 

Aiming at Global Disarmament by 2030 - JAPANESE

2030年までに世界的な軍縮の実現を目指して

【ベルリンIDN=ラメシュ・ジャウラ】

著名な仏教指導者である池田大作氏は、2015年に「拡大首脳会合」を実現させ、「核兵器のない世界」への潮流を決定づけるとともに、2030年に向けて世界的な軍縮の流れを巻き起こす出発点にすることを呼びかけています。

Read more...
 

North Korea Defies World Body with Third Nuke Test - JAPANESE

北朝鮮、3回目の核実験で国連に反抗

【国連IPS=タリフ・ディーン】

[ニューヨーク時間で]2月11日に3回目の核実験を行った北朝鮮は、国連安保理決議を無視し国際社会に反抗している、世界で最も頑強な国のひとつであるイスラエルのたどった道をそのまま歩もうとしている。

Read more...
 

Preparing to Fight Off Doomsday - JAPANESE

「地球破滅の日」を回避する努力

【イスタンブールIPS=ジャック・

クーバス】

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、市民や政治家をより積極的に巻き込んで核兵器の世界的禁止をめざす新しい戦略を採用した。

その戦略は、1月26日にイスタンブールで開かれたICANの会議で強調されたものである。

核兵器の拡散に反対し究極的にはその禁止をめざす、68か国・286の非政府組織による共同のキャンペーンであるICANは、核爆発がもたらす帰結について、世論と国家当局の双方により敏感になってもらうことを目指している。

Read more...
 

Sanctions Do Not Lead To Nuke Abolition in Asia - JAPANESE

制裁でアジアの核廃絶は達成できない

【シンガポールIDN=カリンガ・セネビラトネ】

1月22日の国連安全保障理事会による対北朝鮮制裁拡大決議に対して、北朝鮮が核実験再開の脅しをもって応えたことと、東南アジア諸国連合(ASEAN)が昨年11月のサミットにおいて、核兵器5大国を東南アジア非核兵器地帯条約(SEANWFZ)の付属議定書へ署名させることに失敗したことは、グローバル経済の中心として急速に台頭しているアジア地域が今日直面している「核の脅威」を象徴する出来事だった。

Read more...
 


Page 4 of 18

Search